すごろくへ

就活すごろく

back

自分には何ができるんだろう「自己分析」

自分は何をしたいのか、そして、何ができるのか?
就職活動は自己分析=自分自身を知ることからスタートします。自分の性格、能力、人生観、職業に対する興味などを総合的に判断して、「自分は何をやりたいのか」「何ができるのか」を把握しましょう。それによってライフスタイルの青写真ができ、自分に合った職業を見つけることができるでしょう。現段階では「自分がなにをやりたいのかわからない」という人がほとんどですから、焦って探す必要はありません。漠然と日々を過ごすのではなく、「見つける」意志をもって過ごせばおのずと見えてくるものです。就職活動は、まさにそれを見つけるために自分を見直す絶好の機会なのです。
【自分の希望】自分は何をしたいのか、自分は何ができるのか、そこから自分の魅力=セールスポイントを導き出そう。【就職活動】就職活動は、企業と学生の出会いの場。お互いのニーズが合致したとき、雇用と言う関係が成立する。【企業のニーズ】企業が新卒に期待することは何だろう?そこには必ず理由があります。 企業のニーズをしっかり把握しよう。【IMU JOB HUNTING】就活のための小冊子「IMU JOB HUNTING」には、巻末に「自己分析チェックシート」が付いています。自分の歴史を振り返って具体的に書き出していくことで傾向が見えてくるはずなので、是非、利用してください。
次へ