全ての項目を開く閉じる

地域や社会を分析する知識・理論と法律、政治、行政、経済等に関する知識を身につけ、地域に貢献する公務員をめざします。


◎地域社会学
この授業では具体的な事例にもとづきながら地域社会が抱える課題について学びます。それぞれが生まれ育った地域社会について理解を深め、地域づくり・まちづくりに主体的に関わっていく力を養うことをめざします。

◎社会調査実習1・2
身近な地域社会をフィールドに、社会調査の全過程について学修します。社会調査実習1では調査の企画から実査を、社会調査実習2では実査後の分析や報告書の作成までを行い、社会調査の方法を実践的に修得します。

◎行政法演習
行政法上の重要論点について判例を通して演習形式で学びます。発表とディスカッション、関連する公務員試験の問題演習などを通して、行政の課題についてビジョンを持てるようになることをめざします。

履修モデルを見る

心理学のさまざまな知識・理論とビジネスの現場で必要な経営の知識を身につけ、企業の人事部門や企画・開発部門、営業部門で活躍する人材をめざします。


◎適応の心理
社会的動物である人間が生きていくことは社会からの要求や規制との間のバランスを取っていくことであると言えます。この授業では適応とは何かを考察し、適応が崩れたときに生じるさまざまな問題について学びます。

◎心理学基礎実験1
この授業では心理学の基礎的な研究方法について学びます。ペアもしくはグループで実験に参加し、実験者・実験参加者を交互に体験します。実験計画の立て方から結果の解析までを実践的に修得することを目標としています。

◎企業研究事例研究
主に地域に本社や事業所を展開するメーカーについて、事業展開などの事例について取り上げて学んでいきます。また、企業の実務担当者などをゲストスピーカーとして授業に迎え、企業経営について理解を深めていきます。

履修モデルを見る

英語力に加え豊かな国際感覚とビジネスの現場で必要な経営の知識を身につけ、貿易関連企業や企業の国際部門で活躍する人材をめざします。


◎グローバル化と地域社会
この授業ではグローバル化の影響を受ける地域社会で生きていく上で必要なことを主体的に考え、見解を持つことを目的とします。異なる言語や文化的背景を持つ方々との交流から、学生の意識の喚起を図っていきます。

◎資格英語1
実践的な英語力を養いながら、実用英語検定やTOEICなどのさまざまな英語の検定試験に対応した英語力の向上をめざします。単に得点の向上をめざすのではなく、自律的な英語学習の方法の修得を目標とします。

◎消費と流通1・2
商品の生産と消費をつなぐ流通について、基礎となる理論から、近年の事例までを体系的に学びます。授業のなかでは理論だけでなく、ケーススタディやグループ討論の機会も設け、より実践的に理解を深めていきます。

履修モデルを見る

英語力に加え豊かな国際感覚と教員となるために必要な知識・理論を身につけ、地域の中学校及び高等学校で活躍する英語教員をめざします。


◎異文化コミュニケーション
現在、地方都市においても異文化コミュニケーションの重要性が増しています。この授業では、異なる文化との接し方を学びながら、自らの個性を育み、他者と円滑に社会生活を営む方法について考えていきます。

◎英語音声学1
この授業では、英語の音声に関わるさまざまな事象について体系的に学びます。たとえば、音と音がつながることによる音声変化やイントネーション、アクセントについて学び、自身の発音にも反映できるように練習していきます。

◎教育の制度と経営
授業では、日本の教育制度の構造と特質を明らかにしていきます。また、学校が公教育の目的の実現のために組織的な活動を実施・展開することの重要性について考察していきます。

履修モデルを見る