(1)一般教育・導入教育、(2)専門基礎、(3)専門応用、(4)卒業研究・制作・講読、の順に
体系的なカリキュラムを配置。スムーズに学びを深めます。

工学系と理学系の科目を組み合わせたバランスのよい学びを育成。

(1)一般教育・導入教育科目
教養科目群、外国語科目群、数理・情報系科目群、「フレッシャーズセミナー」などの導入教育科目群をとおして、大学で学ぶための入門的授業を展開します。
(2)専門基礎科目
コース選びの判断材料となる4つのコースに対応した「基礎演習科目」のほか、幅広い分野の専門基礎知識を修得する「専門基礎科目」から構成されます。

(3)専門応用科目
コース別の専門科目群を配置し、学生が希望する専門分野あるいは進路選択に応じて、柔軟に選択できるカリキュラムとします。
(4)卒業研究・制作・講読
各研究室に所属し、担当教員による指導のもと卒業研究に取り組みます。卒業論文の作成をとおして、報告書や予算申請書の書き方、プレゼンテーション技術など、社会で通用する力を身につけます。