環境エネルギー教育の成果をベースに、地球環境や エネルギー環境を取り巻くさまざまな課題の解決に取り組みます。
現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)に採択された、「地域連携による環境エネルギー教育者の養成」教育プログラムの3年間の成果をベースに、大学の特色として、さらには地域の活性化の第一歩として、その成果をより発展させていくためのコースです。将来の進路にも有効となる現代GPでのE3リーダー*のほか、エコ検定、環境推進リーダーなどの資格取得も積極的にサポート。日本国内でも有数の電力生産地帯である福島県浜通りにある本学の特色を生かし、地球環境やエネルギー環境を取り巻くさまざまな課題にチャレンジしていきます。
E3リーダーとは
■専門基礎教育
エネルギー学、電磁気学、バイオエンジニアリングなどの基礎科目から構成。

■専門応用教育
環境工学、自然体験、発電システムなど持続可能な社会の実現に関わる科目から構成。