卒業後の将来像

高度なシステム開発能力を武器に、 システムエンジニアとしてプロジェクトに参加

小さい頃から大のゲーム好きで、コンピュータにも何となく興味はありました。この世界へ進もうと決めたのは、1・2年次に学んだプログラミングやネットワーク技術の授業がおもしろかったから。電子情報コース選択後は、スポンジが水を吸うように、集中的に専門知識や技術を吸収したように思います。現在は、情報システム関連会社のシステムエンジニアとして、情報セキュリティの観点からシステム全体の見直しを行っている企業に出向き、プロジェクトの一員として仕事をしています。

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(理科)※
中学校教諭一種免許状(理科)※
バイオ技術者(認定機関による認定・資格取得支援講義実施)
技術士補(国家試験受験支援講座実施)
環境計量士(認定機関による認定・受験支援講座実施)
危険物(甲種)取扱者(認定機関による認定・受験資格)
公害防止管理者(国家試験受験支援講義実施)
ビオトープ管理者(認定機関による認定・資格取得支援講義実施)
環境エネルギー教育者(本学認定)
CAD利用技術者(認定機関による認定・受験支援講座実施)
機械業務関連の各種資格(資格取得支援)
図書館司書(法定資格)
学校図書館司書教諭(法定・任用資格)
学芸員(法定資格)
社会福祉主事(法定・認用資格)

※課程認定申請予定

期待される進路

情報通信関連分野
電子機器などの製造業
システムエンジニア
プログラマーなどのコンピュータ関連分野