卒業後の将来像

大学で身につけた最先端の機械技術を生かし、 ものづくりの最前線で活躍中。

2年次に履修した「機械システム演習」の授業、さまざまな工学の力を結集するものづくりのダイナミックスさに魅力を感じ、機械システムコースへ進みました。そこで鍛えられた、情報技術の活用によるものづくりの総合的な視点を生かし、現在は、家電メーカーの設計開発部門に所属しています。自分が開発に関わった商品化が店頭に並んだときの喜びは格別。「ほら、このスイッチまわり、ボクが設計したんですよ」って自慢したくなる感じは、やはりものづくりの世界ならではですよね。

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(理科)※
中学校教諭一種免許状(理科)※
バイオ技術者(認定機関による認定・資格取得支援講義実施)
技術士補(国家試験受験支援講座実施)
環境計量士(認定機関による認定・受験支援講座実施)
危険物(甲種)取扱者(認定機関による認定・受験資格)
公害防止管理者(国家試験受験支援講義実施)
ビオトープ管理者(認定機関による認定・資格取得支援講義実施)
環境エネルギー教育者(本学認定)
CAD利用技術者(認定機関による認定・受験支援講座実施)
機械業務関連の各種資格(資格取得支援)
図書館司書(法定資格)
学校図書館司書教諭(法定・任用資格)
学芸員(法定資格)
社会福祉主事(法定・認用資格)

※課程認定申請予定

期待される進路

自動車・精密機械・生産・工作機械・
機械要素などの製造業および設計開発分野