いわき明星大学

IMU NEWS

薬学部第20回生涯学習研修会を開催しました
2017.11.24 12:10
 11月15日(水)に「薬学部第20回生涯学習研修会」を開催しました。
 今回は、コロラド州立大学名誉教授 Anthony T. Tu先生をお迎えし、「サリン事件とVX毒殺事件」と題して、1994年から1995年にかけて起きたオウム真理教の毒ガステロの背景と社会に及ぼした影響について解説いただきました。
 1994年の松本サリン事件、1995年の地下鉄サリン事件が日本社会に与えた影響はもちろん大きかったのですが、それに加えて、各国の化学テロ対策に与えたインパクトがきわめて大きかったことは、国内ではあまり知られていません。実際に、この事件を契機として多くの国々で毒ガスによるテロへの対策を新たに講じる必要性が認識されました。
 1994年6月に起きた松本サリン事件以降、警察庁に協力してサリン事件を解決に導いたTu先生は、その後もサリン事件の真相の究明に向けてご尽力されています。特にこの講演では、オウム真理教の中川智正死刑囚との接見を通じて、これまで明らかにされてこなかった事件の背景についての情報を解説いただき、Tu先生の熱意と洞察に感銘を受けました。
 研修会では、本学出身の薬剤師の方々をはじめ、地域の皆様約80名が熱心に聴講されていました。なお、この研修会は、日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師制度(集合研修1単位)、および日本病院薬剤師会生涯研修認定単位(1単位)の認定を受けています。
 
主催 いわき明星大学薬学部
共催 (財)日本薬剤師研修センター、福島県病院薬剤師会、(一社)いわき市薬剤師会
 
講師のAnthony T. Tu先生