いわき明星大学

IMU NEWS

スパリゾートハワイアンズ 坂本氏による公開講座を開催しました。
2012.06.23 16:42
教務グループ
 6月23日(土)に一般にも公開している講座、教養ゼミ「災害からの復興」の外部講師としてスパリゾートハワイアンズ(常磐興産株式会社)の取締役 企画室長 坂本征夫氏をお招きいたしました。

 講義では、スパリゾートハワイアンズのこれまでの歴史や成功の分析、そして企業努力等について解説していただくとともに、震災後の復興の取り組みについてもお話いただきました。とくに炭鉱経営からテーマパーク運営という異業種への転換を決断した当時のトップの考え方や、その後の経営戦略については、内部の人ならではの臨場感ある語りで受講者を引き付けました。また、東日本大震災から「グランドオープン」までの国や報道を巻き込んだ復興への取り組みは、業種・団体問わず、大変参考になったのではと思います。

 坂本氏は最後に「原発の風評被害はとてつもなく大きい。一企業、一地域ではどうにも対処のしようがない。しかし、国や自治体に頼むだけでなく自分たちで生き残っていく道を模索して努力は続けるつもりです。」と語り、本講座を締めくくりました。

 次回6/30(土)の特別講座は、いわき市内の書店にも多く並んでいる 『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか 』 の著者、開沼 博氏 をお招きいたします。会場はいわき明星大学AV大講義室、時間は13:00~14:30です。ぜひふるってご参加ください。

坂本氏のユーモアもあふれる語り口に、会場では時折笑いが

市内の多くの方が参加し、坂本氏の講義を興味深く聴講されていました