いわき明星大学

IMU NEWS

「いわきサイエンスキッズ・アカデミー」修了式および公開特別講義を開催いたしました
2013.03.23 16:33
薬学部
 昨年8月から今年の2月まで、毎月ほぼ1回のペースで実施しておりました「いわきサイエンスキッズ・アカデミー」。その最後の締めくくりとして、3月23日(土)に特別講義「宇宙開発の現場から ~はやぶさプロジェクトとその成果~」を開催いたしました。

 講師に財団法人日本宇宙フォーラム広報調査事業部主任調査員の渡辺 勝巳氏をお招きし、小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトについて、はやぶさが地球に戻ってくるまでにどんなトラブルがあったのか、そしてそれをどう解決し戻ってこれたのかなど、「はやぶさ」成功の軌跡や、「はやぶさ」の意義・成果について熱く語っていただきました。また、はやぶさが帰還カプセルを地球に持ち帰るためにバラバラに燃えつきながらも大気圏に突入する時の映像なども見せていただき、聴講した児童・生徒たちは、その感動的な様子に目をみはらせていました。最後の質問コーナーでは、「宇宙ステーションにペットは連れていけないのか」といった、児童・生徒ならではのユニークな質問もあり、渡辺氏は子供たちの好奇心に関心していました。

 講義終了後は、約半年間にわたって実施した「いわきサイエンスキッズ・アカデミー」の修了式も実施。賞状とメダルを授与された児童・生徒たちはみな、満足そうな表情を浮かべながら、お世話になった先生方に感謝の言葉と、これからの目標について話してくれました。


特別講義「宇宙開発の現場から ~はやぶさプロジェクトとその成果~」
講師の渡辺 勝巳氏。はやぶさの奇跡的な帰還について、詳しくお話いただきました。

半年間かけて行われた「いわきサイエンス・キッズアカデミー」の修了式。

名前入りのずしりと重いメダルも授与。

受講生一人ひとり、半年間アカデミーに参加した感想をコメント。将来の目標なども。

最後に、白衣を着て記念撮影。
各回の講師を担当した先生方、および実験のサポートをした薬学部生と一緒に。