いわき明星大学

IMU NEWS

エコキャップ回収活動を実施しています
2013.12.11 14:00
総務グループ
 本学ではペットボトルのキャップを回収し、キャップの再資源化により得た売却利益を途上国のワクチン代として寄付する活動を実施しています。
 NPO法人エコキャップ推進協会が中心となり全国に広がっているこの取り組みは、神奈川県の女子高校生たちの「キャップを捨てるのはもったいない」から始まりました。その後いくつかの経緯を経て、現在はペットボトルのキャップを外して集め、「再資源化」することで「CO2の削減」を計る一方、キャップの再資源化で得た売却益で「発展途上国の子どもたちにワクチンを贈る」活動となりました。
 本学も2010年度から活動に参加し、学内に十数カ所のキャップ回収ボックスを設置。これまでに累計101,780個のキャップを回収しました。(回収により寄付できたポリオワクチンは121人分)。今後も継続して取り組んで参ります。

先月(11月)に実施した回収作業の様子

学生が中心となって回収を実施しました

キャップ回収事業者への持ち込み