いわき明星大学

IMU NEWS

本館1階の陶壁「大洋に向かって」が修復されました
2014.02.25 18:16
学長室
 大学の本館1階ロビーに、備前焼の巨大な陶壁が飾られています。作品名は「大洋に向かって」。1987年の開学に合わせて、人間国宝の陶芸家、故 藤原雄(ふじわらゆう)氏によって創られた作品です。
 2011年の東日本大震災によって陶壁の一部が破損してしまいましたが、このたび、藤原雄氏のご長男で同じく備前焼の陶芸家で陶心会会長・備前陶友会理事を務める藤原和(ふじわらかず)氏が来学し、破損部分の修復をしていただきました。
 和氏は28年前、陶壁製作の際にも来学され、一緒に製作にあたっていただいており、大学の建築と同時並行で行われた作業のため起きた苦労談や、全てのパーツを焼き上げるのに1年もかかったお話しなど、当時の思い出の数々を聞かせていただきました。修復には当時の未使用パーツを加工して使用し、全体のバランスを見ながら組み上げられました。
 修復を終えて和氏は「良かった。ほっとした」と笑顔を見せ、親子2代にわたって手の入った作品を感慨深げに見つめていました。


東日本大震災によって一部が破損した陶壁

修復作業にあたる藤原和氏(左)

修復が完了し、元の姿を取り戻した陶壁を前にした藤原氏