いわき明星大学

IMU NEWS

清水信行教授 最終講義を実施しました
2012.03.07 09:38
科学技術学部
 本学科学技術学部 清水信行教授の最終講義「あれから40年」を3月3日に、薬学部棟 16-105室で実施しました。講演の中で清水先生は、大学院博士課程時代の機械系の耐震研究や、民間企業での振動・耐震研究業務、また、いわき明星大学に着任してからの学生教育と研究等について思い出や研究のエピソードを交えて振り返りました。
 特にいわき明星大学で行ってきた「振動、マルチボディダイナミクスの教育と研究」そして、「やわらかな材料の振動・衝撃の研究」の2つの内容については、最新の研究成果や、今後の人生をかけた展望などについてもお話ししてくださいました。
 耐震研究を専門にされている清水先生にとってこの「いわき」での人生は、先の大震災をこの「いわき」で経験したことでさらに、研究生活に大きく影響を与えたとのことでした。 先生は講義の中で「震災の後はとても心穏やかでなかった。今後も研究を続け産業界に研究成果を活かしていきたい。」と話され、いわき明星大学での25年にわたる講義を締めくくりました。

本学の歩みと人生について語る清水先生