いわき明星大学

IMU NEWS

本学学生が「いわきビジネスプランコンテスト」で最優秀賞!
2016.12.13 09:34
 12月11日(日)、「第16回いわきビジネスプランコンテスト」の表彰式がいわき産業創造館(ラトブ)で行われ、ビジネスアイデア部門で科学技術学部 科学技術学科 電子情報コースの中目公大さん(同学科4年)のビジネスアイデアが、応募総数13件の中から「最優秀賞」に選ばれ、佐藤直美実行委員長より表彰状が手渡されました。
 本学の情報通信ネットワーク研究室(中尾剛研究室)に所属する中目さんは、自ら車椅子で生活をする中で、施設や店舗のバリアフリー情報の必要性と、その情報共有の重要性を感じ、卒業研究としてバリアフリー情報のデータベースシステムの開発を進めています。
 今回受賞したアイデア「バリアフリーの情報をお届けします!いつでもどこでも確認できる!施設、店舗のバリアフリー情報提供Webサービス」は、障害をもつ多くの人にバリアフリーの情報を共有してもらえるシステムで、簡単に使ってもらえるようにスマートフォンやタブレットから利用可能なものにしました。
 障害を持つ方々が安心して快適に生活するためには必要なサービスであり、なおかつ利用者の目線からバリアフリーのチェックもできる信憑性の高いシステムが構築できるなどの点などが評価されました。
 なお、今回受賞したアイデアは、来年2月18日に「いわきPIT」で開催される本コンテストの「ビジネスプラン部門」公開審査で中目さんが概要を発表します。
 
第16回いわきビジネスプランコンテストWebサイト http://www.ibpc.jp/
 
※このニュースは12月15日付のいわき民報にも掲載されました。
 
 
今回のコンテスト受賞のみなさん(前列中央が中目さん)