いわき明星大学

IMU NEWS

健康医療科学部(仮称)開設に係わるヒアリングを実施しました
2017.07.21 17:00
 本学では「健康医療科学部(仮称)」の2019(平成31)年度開設準備を進めております。本学部は「理学療法学科」と「作業療法学科」を有し、将来地域の医療の担い手となる理学療法士・作業療法士の養成を目的としています。
 この新学部開設準備に伴い、7月21日(金)、福島県理学療法士会 山口和之会長と、福島県作業療法士会 長谷川敬一会長をお招きし、福島県における理学療法士・作業療法士の現状や需給見通しについてのヒアリングを実施致しました。
 はじめに福島県作業療法士会 長谷川敬一会長は「作業療法士の割合をみると、福島県は全国平均を大きく下回り、特に浜通りの不足は著しい。非常に需要がある」「今後は機能回復だけでなく、地域での活動、地域コミュニティへの参加といった、生活するうえで必要なリハビリテーションが望まれている」と述べられ、続いて福島県理学療法士会 山口和之会長からは「理学療法の専門学校は定員割れが続いている。唯一無二の特長や強みといった目玉がないと、入学者を確保するのは難しい」「卒業したあとも現場と大学とが連携していくことによって素地が出来上がり、福島県が掲げる健康寿命日本一に近づけるのではないか」といった意見が聞かれました。
 
福島県作業療法士会 長谷川敬一会長によるプレゼンテーション
 
福島県理学療法士会 山口和之会長によるプレゼンテーション
 
ヒアリングを終えて