いわき明星大学

IMU NEWS

疾患モデル動物開発の共同研究へ
2018.07.24 14:38
 本学産学連携研究センターの加藤茂明特任教授が、疾患モデル動物・培養細胞の開発のための解析を目的とした共同研究において、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテック(本社:徳島県徳島市、代表取締役:竹澤慎一郎氏)と共同研究契約を締結しました。
 同社では、ゲノム編集技術を活用した独自の疾患モデル動物もしくは疾患モデル細胞の開発を行っています。疾患モデルを開発する際には、遺伝子機能をin-vitroならびにin-vivoで解析することが重要になります。そこで、同社では開発する疾患モデルマウスの候補を本学で遺伝子機能解析するための取組を始めることとなりました。
 今後の展望として、新たな疾患モデルマウスを開発することで創薬のための基盤技術を確立し、また、本開発を通して、薬学の基礎研究を強化・高度人材育成を図るとともに、新たな地元産業を構築するための機会となることを期待しています。
 
左から、加藤茂明特任教授、山崎洋次学長、株式会社セツロテック代表取締役社長  竹澤慎一郎氏