いわき明星大学

IMU NEWS

世界防災閣僚会議 in 東北に出展しました
2012.07.06 18:15
学長室
 世界防災閣僚会議 in 東北が7月3日、4日の両日、仙台市の仙台国際センターにて開催され、サイドイベントとして催された展示ブースに、本学が行っている復興活動についてUNCRD(国際連合地域開発センター)、石巻専修大学と共同出展しました。
 本会議には内閣総理大臣が挨拶のため登壇した大規模な国際会議で、63ヵ国、14の国際機関から防災担当大臣等の代表団300人が参加。本学は土壌中の放射性セシウムを除去する装置を展示し、本学が行っている食品等の放射線測定から放射線軽減技術の開発研究について説明しました。サイドイベント会場には玄葉外務大臣、平野復興大臣、中川防災担当大臣をはじめ、延べ1,400人の来場者があり、研究成果について多くの人と意見交換を行いました。

63ヵ国の防災担当者が集った「世界防災閣僚会議 in 東北」。野田総理大臣も挨拶に駆けつけました

サイドイベントのブースに本学で研究している放射性物質除去装置を展示し、説明しました

ブースを訪れ、説明を受ける玄葉外務大臣(写真中央)とヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)総裁