いわき明星大学

IMU NEWS

いわきサイエンスキッズ・アカデミー(第4回目)を行いました
2012.11.19 17:09
薬学部
 本学薬学部が主催となり、福島県学術教育振興財団の助成を受け実施している「いわきサイエンスキッズ・アカデミー」の第4回目、「物理学」の授業を11月17日、18日両日に行いました。

 初日の講義では、身近な音や光の特徴を通して、波の性質について学びました。音叉(おんさ)を使った「うなり」や、講師のオリジナル装置を用いた「ドップラー効果」の体験などを織り交ぜた講義は、児童・生徒達の興味を引いていました。
 2日目の実験は、グループに分かれて、弦に発生する波(定常波)の振動数の測定、水銀ランプに含まれる光の波長を回折格子で求める実験など、大学初年次に行われる高度な実習内容も難なくこなしていました。自分たちで持ち寄った試料(ハリネズミの体毛や自宅で採れた米など)の観察では、児童・生徒自ら電子顕微鏡を操作するなど、日常では出来ない体験をしました。

 次回(1/26・27)は、「ようこそ小さな生き物の世界へ(微生物学)」が予定されています。(12月はお休みです。)

電子顕微鏡を自分たちで操作して観察をしました。

初めて見る装置を使って弦の定常波を発生させました。