ホーム マシン レース メイキング ヒストリー いわき明星大学  
fire
WSR2003 1日目
fire
WSR2003 2日目
fire
WSR2003 3日目
 


二日目は生憎の曇り空でのスタート。
昨日消費した分、充電池がどの程度回復しているか不安ですが、FRP班が徹夜で行った軽量化に期待。


この気迫!いい目をしていますね。
今日もいけるか!?

ところがこのあと・・・


なんとパンク。
しかし、足回り職人の素早い対応で事なきを得ました。
あまりに手際のよい適切な処置に驚いたのですが、なんとパンク修理をしたのは今回が初めてだとか。
対応力の高さにびっくりです。


修理で多少遅れを取ったものの、周回を重ねていくライジングスターII。
後ろに見えているのは、同じ福島県から参加した学校法人若松第一高校の「若一号」。安定した走りを見せていました。


午後になってから、ぽつぽつと雨が降り出してきました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、キャノピー全体に水滴がついて、前方視界が悪くなっています。
ソーラーパネルの供給量も極端に落ちてきました。

 雨のため続々とピット入りする他車。
天気予報では晴れるはずだったのですが・・・

 雨の中、バッテリー残量を頼りに発車するライジングスターII。
今日はこれが最後のラップになるか?






5周目を終えてピット入り。太陽が出ていないために十分な電力が発生しません。
ここでバッテリーを使いきってしまうと明日の走行に影響がでてしまうため、本日の走行はここで終わる判断に。

ちなみにクラス首位のSelfishは、この雨の中さらに周回を重ね、我がいわき明星大学とは3周差がつきました。小型軽量な上にドライバーの経験が豊富。悪条件に強いですねぇ。
※Selfish(鎌田FARM所属)
   10年の参加経験から生まれた名機です










ピット内にてメンテナンスが行われているライジングスターII。最終日に賭けるため、整備にも余念がありません。
  2日目の成績は初日と同じクラス2位ですが、トップのSelfishが頭一つ抜け出て単独1位に躍り出たため、明日の最終日での逆転を狙いたいところです。

クルーたちにも充電が必要です。最終日に向けて英気を養ってください。

-
(c)IMU