ホーム マシン レース メイキング ヒストリー いわき明星大学  
fire
WSR2003 1日目
fire
WSR2003 2日目
fire
WSR2003 3日目
 


最終日は少し日が見える状態でのスタート。
この2日間で充電池はほとんど残っていない状態。このまま晴れてくれれば発電分で走行が可能になります。天気に期待。



全車勢いよくスタート!
どの車も一様に充電池は残り少ないはずですが、かなりの加速力です。


エコモード(電池をあまり消費しないモード)で走行をしているライジングスターII。
空がだんだん暗くなってきました。昨日に引き続き雨が降ってくるのでしょうか・・・。


と、思っていたらやはり降ってきました。
折り返し地点からの報告だと、土砂降りになっているとのこと。


1周目を終えてピット入りするライジングスターII。車体全体が激しく濡れています。電装系への影響も考えてピット内での点検に。


ここで本格的な雨になってきました。各社ピット入りし、天候の回復を待ちます。
ライジングスターIIも充電池の残量を測定してみると、ほとんど残っていませんでした。今日はこのままタイムアウトになるのでしょうか。


ところがこの雨の中、驚異的な周回を重ねていたのが我々と同じクラス3位のシクサーズ。
なんとクラス1位のSelfishと姉妹機ということ。ライジングスターIIとの周回差がみるみる縮まっていきます。


シクサーズがあと2周まで迫ったところでタイムアウト。全レースが終了しました。
ここでライジングスターIIのクラス2位が確定。身動き取れずにじっとしていたのでホッと一息です。




表彰式にて賞状と副賞を手にする、我が桜井研究室。

生憎の天気の中、参加2年目にしてこれだけの成績を収められたのも、みんなのチームワークと桜井教授の指導の賜物です。
お疲れさまでした。そしておめでとう!

-
(c)IMU